白波瀬小児科

草津市野村の小児科 白波瀬小児科

〒525-0027 滋賀県草津市野村8丁目9-37
TEL 077-561-0880

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

予防接種について

子どもの予防接種のめやす

 予防接種には、定期接種任意接種がありますが、どちらも大切です。
 ここでは、草津市・栗東市での接種のめやすを示しています。
 日本脳炎ワクチンについては生後6か月から定期接種として接種できますが、草津市・栗東市では3歳からの接種を標準としています。草津市・栗東市でも、希望される方には生後6か月から接種は可能です。特に、転居が予定されている場合には接種を済ませておくほうが良いかどうか、接種される医院で相談しましょう。


生後2か月になったら始めましょう。
 定期接種として、ヒブワクチン(3回)肺炎球菌ワクチン(3回)、B型肝炎ワクチン(3回)
 任意接種として、ロタウイルスワクチン(2回ないし3回)

生後3か月からは、4種混合(DPT-iPV)ワクチン(定期接種、3回)、も始めてください
生後5~8か月頃に、BCGワクチン(定期接種)

生後6か月からは、
 インフルエンザワクチンも任意接種として接種が可能です。
 インフルエンザワクチンは毎年接種することができます。
 有効性について、よく相談して納得してから、受けるようにしましょう。

1歳になったら、
 定期接種として、ヒブワクチン(追加)
            肺炎球菌ワクチン(追加)
            麻しん風しん混合(MR)ワクチン(初回)
            水痘ワクチン(初回と追加の2回)
            4種混合(DPT-iPV)ワクチン(追加)
 任意接種として、おたふくかぜワクチン

3歳になったら、
 定期接種として、日本脳炎ワクチン(2回)を始めましょう

 (日本脳炎ワクチンは生後6か月から接種が可能です。3歳未満での日本脳炎の発症者が出ている地域では
  生後6か月から接種することがすすめられています。草津栗東では、今のところ3歳からの開始が標準的と
  されています。)

4歳になったら、
 定期接種として日本脳炎ワクチン(追加接種)

年長さん(小学生になる前年)になったら、
 定期接種として、麻しん風しん混合(MR)ワクチンの2期、
 任意接種として、おたふくかぜワクチンの2回目

小学4年生になったら、
 定期接種として、日本脳炎ワクチンの2期

小学6年生になったら
 定期接種として、DTワクチンの2期

女の子の場合
 定期接種として、ヒトパピローマウイルスワクチン(子宮頸がんワクチン)があります。
 今のところ、接種後の有害事象の問題で、積極的な接種勧奨はされていません。
 子宮頸がんを考えると中学生の間に3回の接種を済ませることが大切ですが、中断しているのが現状です。
 希望者には、今でも、定期接種として接種が可能です。
 ワクチンの有効性と有害事象の両方について、接種される先生とよく相談してから判断されることが大事です。